利用時に大切なこと

日本では老朽化したマンションが増加しています。しかしながら、住人の大多数の賛成が無いと建て替えることが出来ません。建替えの合意形成は非常に難しくなっています。住人の高齢化が進んでおり、資金負担の問題が大きな理由です。マンションリフォームを選択するより方法がありませんでした。東日本大震災以降、耐震性に問題があるマンションの建て替えを推進するために区分所有法が見直され全員合意の必要が無くなりましたので、今後は建て替えも進むものと思われます。いずれにしても建替えは住人に多額の負担がかかりますんで、マンションリフォームという形を選択する管理組合も多いものと予想されます。リフォームであれば修繕積立金を原資にして追加負担は少なくて済みます。

管理組合主導でマンションリフォームを進めるうえで一番重要なことはリフォームの計画とリフォーム業者の選択です。以前は管理組合の理事長と親しい業者に依頼して後で問題が発生するケースが散見されました。住人の合意のうえで計画をきちんと作成したうえで公正を図るために入札を行うことが基本です。入札に際してはマンションリフォームの実績が豊富な業者を数社選定して行うことが大事です。その時に単なる価格だけではなく、リフォーム工事に関して業者が出来る創意工夫の提案を織り込んだうえで金額を提示するように求めることが重要です。単なるコストの追及ですと、コストに合わせるために材料などで粗悪品が使用されるリスクがあります。技術的な提案を含めて業者を決定すれば間違えは少なくなるでしょう。